2018.03.16

関西初!JR大阪駅にバーチャルアナウンサー「沢村碧」登場!

 株式会社JR西日本コミュニケーションズ(本社/大阪市北区堂島1丁目6番20号 堂島アバンザ8階 代表取締役社長:山本章義)は、株式会社共同通信デジタル(東京都港区、代表取締役社長:細田正和)とソニー株式会社が共同開発した、情報読み上げ動画作成システム「アバターエージェントサービス」を活用することになりました。CGキャラクターであるバーチャルアナウンサー/沢村碧(さわむら みどり)」がJR大阪駅に登場します。関西地方では初めての登場となります。
 「アバターエージェントサービス」は、文字情報を入力するだけで簡単に情報番組(動画・音声)を作成することができるシステムで、ニュースや天気予報などを読み上げることができます。今回は「大阪・関西万博2025」の誘致を応援させていただきます。

 

1. 放映期間
3月19日(月)から4月1日(日)の14日間
 
2. 放映場所
JR大阪駅付近の「大阪駅HEP前LEDビジョン」
 
3. テーマ
「大阪・関西万博2025の誘致応援」

 

     
  ※放映イメージとなります。実際の放映の様子とは異なる場合があります。

 

大阪駅HEP前LEDビジョンの概要
 
設置場所 大阪環状線高架下(HEP前歩行者通行路)
仕様    197インチ(LEDビジョン) 音声放映あり
       ※約10分に1回の間隔で放映。屋外広告物条例により音声放映が無い場合があります。
        9:00~10:00/20:00~24:00の間は屋外広告物条例により音声放映はありません。
放映時間 9:00~24:00
アバターエージェントサービスサイト http://avataragentservice.jp/

 

<本件に関するお問合せ先>
株式会社JR西日本コミュニケーションズ 交通メディア本部
TEL:06-6344-1899 (担当:島、岩佐、塚越)
 
<アバターエージェントサービスに関するお問合せ>
株式会社共同通信デジタル
TEL:03-6252-6401 (担当:佐藤、荒井、竹内)

 
 
 

バーチャルアナウンサー「沢村 碧(さわむら みどり)」とは
 文字情報として入力された原稿を音声合成エンジンによって自然な発話に変換し、さらにCGで作成されたキャラクターの表情と連動させて情報をお伝えする「バーチャルアナウンサー」です。

 
アバターエージェントサービスとは
 「アバターエージェントサービス」は、株式会社共同通信デジタルが提供する、文字情報を入力するだけで簡単にCGキャラクターによる情報番組(動画・音声)を作成することができるシステムです。文字情報を入力すると、音声合成エンジンにより自動で情報を読み上げ、それと同時に表情と連動したCGキャラクターを生成することが出来ます。

 


バーチャルアナウンサー
「沢村 碧(さわむら みどり)」

 

大阪駅HEP前LEDビジョン 設置場所               © OpenStreetMap contributors
openstreetmap.org より引用

<ニュース&トピックス一覧へ戻る

交通広告・広告出稿のお問い合わせ:06-6344-5177[受付時間9:00~17:30(土・日・祝を除く)]

各支店、媒体に関するお問い合わせ先一覧はこちら

Page Top

個人情報の取扱いに関する当社の基本方針

一般事業主行動計画について