2016.04.28

文字が迫る、鉄道が横断する。「京都鉄道博物館」の“時空連動型コンテンツ”を、JR大阪駅に新設の70インチデジタルサイネージ30面で放映します。

株式会社JR西日本コミュニケーションズ(本社:大阪市北区堂島 代表取締役社長 坂田英洋)では、大阪駅ノースゲートビル1F東西通路に、縦型デジタルサイネージ用ディスプレイを新たに30面設置いたします。
本広告媒体(正式名称:大阪駅NGB1F東西通路デジタルサイネージ30面セット)は、大阪駅中央口改札と御堂筋口改札をつなぐ流動数の多いエリアに位置し、鉄道の利用者だけでなく、近隣商業施設を利用する方も多く通行し、幅広い層に訴求が可能です。また壁面15柱に70インチ大画面ディスプレイ30面(各単面ごとに制御することが可能)を連続的に設置することで、媒体特性を活かした特殊な広告展開も可能となり、高い広告効果を生み出します。
なお、4月29日より、JR西日本の「京都鉄道博物館」の“時空連動型コンテンツ”を放映いたしますので、是非現地でインパクトのある映像をお楽しみください。

 1 放映開始日  : 平成28年4月29日(金)
 2 設置場所  : 大阪駅ノースゲートビル1F東西通路
 3 時空連動型コンテンツ放映時間  : 6:00~24:00
 4 ディスプレイサイズ・面数   : 70インチディスプレイ・15柱30面

 

設置場所

 

時空連動型コンテンツ 「京都鉄道博物館」篇 30秒
画面ごとに個別の制御が可能な大画面ディスプレイ30面を連続的に配置しているので、複数画面を連動させた立体的な空間演出ができ、より多くの人々に強く訴求できます。

片側画面5面を連動させて、文字(京都鉄道博物館)がこちらに迫ってくるように演出。

05 03

画面10面を連動させた墨絵で描かれた京都の町並みの中を、SL義経号が走り抜けます。

 02

最後は、すべての画面で京都鉄道博物館の館内と京都感を押し出したイラストを組み合わせた華やかなビジュアルで京都鉄道博物館のグランドオープンを強く印象づけます。

01

<ニュース&トピックス一覧へ戻る

交通広告・広告出稿のお問い合わせ:06-6344-5177[受付時間9:00~17:30(土・日・祝を除く)]

各支店、媒体に関するお問い合わせ先一覧はこちら

Page Top

個人情報の取扱いに関する当社の基本方針

次世代に関する一般事業主行動計画