2016.05.17

JR西日本エリアを舞台にした鉄道ゲームアプリ「PLATINUM TRAIN」配信開始のお知らせ リアルな車両、駅が登場する本格鉄道アプリが誕生

株式会社JR西日本コミュニケーションズ
株式会社イメージサーカス

 株式会社JR西日本コミュニケーションズと株式会社イメージサーカスは、2016年5月16日に、本格鉄道アプリ「PLATINUM TRAIN(プラチナ・トレイン 略称:プラトレ)」の配信を開始いたしました。
 プレイヤーは架空の鉄道会社「プラチナ・トレイン」に入社した新入社員。JR西日本エリアを舞台にしたスゴロク対戦を通じ、いろんな記録やミッションにチャレンジしながら、プラチナ・トレインを代表する運転士へと成長していく、スゴロクタイプのゲームアプリです。一人プレイでも、仲間と一緒に対戦プレイでも楽しめるゲームになっており、ゲームに登場する50種類以上の車両は、N700系や500系、W7系など実際に走っているなじみのある車両ばかりです。また、約1200のJR西日本エリア内の駅が全て実名で登場するなど、鉄道ファンの皆様だけでなく、電車に乗ったことのある全ての方たちに喜んでいただける内容になっております。

 

160517_00_platinaum-train

 

※注釈 プラチナ・トレイン(プラトレ)についてはこちらをご覧ください。

 

ゲームタイトル:プラチナ・トレイン 日本縦断てつどうの旅 JR西日本エリア版
ジャンル:対戦・成長型スゴロクタイプゲームアプリ
価格:基本無料(アイテム課金あり)

 

1 鉄道会社「プラチナ・トレイン」で、伝説の運転士を目指すスゴロクタイプのゲーム
 あなたは鉄道会社「プラチナ・トレイン」に入社してきた新米運転士。
 当然運転士なら運行エリアのことは知っておかないといけません。
 JR西日本エリアのリアルな車両でスゴロクゲームを進め、同僚や先輩と協力・競い合いながら、プラチナ・トレインの伝説の運転士を目指してください!

 

160517_01_platinaum-train

 

2 約1,200ものJR西日本全ての駅が登場
 大阪駅や京都駅などのターミナル駅はもちろん、金沢駅、城崎温泉駅、広島駅、博多南駅などJR西日本エリア内の全ての駅が登場いたします。

 

3 50種類以上の実在する車両も登場
 N700系、500系、W7系などの新幹線車両から、大阪環状線でおなじみ103系や、207系、321系など、身近な車両まで「見たことある!」「乗ったことある!」そんな車両が続々登場いたします。

 

160517_02_syaryou

 

4 簡単ルールと手軽な操作でサクサク進むゲーム性
 ルーレットを回して目的地となる「駅」を目指して電車を進めていきます。操作はタップするだけです。
 新幹線カードや特急カード、快速カードを使って、通過する駅を飛ばして早く目的地に着いたり、好きな電車をバージョンアップしたりなど、JR西日本エリアを思う存分堪能できます。

 

160517_03_platinaum-train

 

5 同僚運転士(他プレイヤー)との協力プレイ・リアルタイム対戦も可能
 ライバルプレイヤーたちとリアルタイムで対戦できます。ランクは「新米運転士見習い」からはじまり、ゲームに勝って成長していくことでどんどん経験値が上がっていきます。

 

160517_04_platinaum-train

 

6 「運転記録」で自分の記録も確認可能
 ゲーム中のさまざまなプレイは、記録されており、いつでも確認できます。
さまざまなランキングにより、仲間やライバルと競い合い、次の対戦に活かすなど、戦略的なプレイも可能です。

160517_05_platinaum-train

(ゲーム内に登場するさまざまなキャラクターたち。)

160517_06_chara-thumb-300x80-11649

<ニュース&トピックス一覧へ戻る

交通広告・広告出稿のお問い合わせ:06-6344-5177[受付時間9:00~17:30(土・日・祝を除く)]

各支店、媒体に関するお問い合わせ先一覧はこちら

Page Top

個人情報の取扱いに関する当社の基本方針

一般事業主行動計画について