2020.07.02

コロナの影響でいつもの夏ではない京都を地元企業が応援
京都駅の大型サイネージで祇園祭などを放映

京都駅ビル開発株式会社
株式会社JR西日本コミュニケーションズ

7月6日から放映開始

 

1.目的

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、いつものかたちではできなくなった京都の祭りや催事の過去の映像を、京都の地元企業が京都駅の大型デジタルサイネージで放映することにより、京都の文化の継承に資するとともに京都の人々の気持ちを応援する。

 

2.テーマ

 

3.放映期間

2020年7月6日(月)~(約3ヵ月間、ただし一部期間を除く)

 

4.放映時間

30秒×約200回/日(6:00~24:00)

 

5.放映箇所・サイズ

場所 サイズ
京都駅中央コンコース 京都プレミアムvision
①②180インチ(60インチ3×4=12面)
③④210インチ(70インチ3×7=21面)

 

6.今後の予定

7月6日(月)より京都駅ビルグループ5社(ジェイアール京都伊勢丹、ホテルグランヴィア京都、専門店街 ザ・キューブ、京都駅前地下街ポルタ、京都駅ビル)で先行放映し、8月上旬より協賛企業各社のロゴを放映してまいります。

 

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社JR西日本コミュニケーションズ京都支社 担当者:山本
TEL:075-361-6180 / E-mail:hi-yamamoto@jcomm.co.jp

 

 

(参考資料)京都プレミアムvision

<ニュース&トピックス一覧へ戻る

交通広告・広告出稿のお問い合わせ:06-6344-5177[受付時間9:00~17:30(土・日・祝を除く)]

各支店、媒体に関するお問い合わせ先一覧はこちら

Page Top

個人情報の取扱いに関する当社の基本方針

次世代に関する一般事業主行動計画