A.ODAWARA

営業本部
ソリューションセンター
インタラクティブコミュニケーション部

2017年 入社

良いものを
きちんと広告で
届ける。

良いものを
きちんと広告で
届ける。

Q1.現在の業務は?

現在は、JR西日本の案件を担当しています。内容はかなり様々で、女性向けのおでかけコンテンツ「マイフェバ」の制作から、豪華寝台列車といわれる「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」のプロモーションまで幅広く携わっています。最近は提案した広告の結果が、クライアントの期待を大きく上回ったことで、お褒めの言葉をいただいたり、SNSでも好意的なコメントを見かけて嬉しかったです。

Q2.これまでの経歴は?

入社時からインタラクティブコミュニケーション部に所属しており、
1~2年目は主に一般クライアントや、ショッピングセンターの案件を担当していました。最初はデジタルならではの用語(英語やアルファベット3文字が多い)に苦戦していましたが、先輩方に優しく教えてもらいながら、少しずつ慣れていきました。

Q3.入社時の野望は?

商材やクライアントの想いなど、良いものをきちんと広告で届けて、クライアントの利益にすることです。そして広告を受け取った人もポジティブな気持ちになってもらうことが、入社時の野望でした。(少し地味な野望ですが..)

Q4.これからの野望は?

入社時と野望は変わってません。ただ入社前はぼんやりしていましたが、デジタルの領域でよりこの野望を叶えたいと思うようになりました。新しいデジタルの技術や仕組みを取り入れながら、クライアントにとっても、世の中にとっても、最適な提案・企画をしていきたいです。

Q5.Jコミの好きなところは?

休みたい日に、休めるところです。もちろん自分勝手に休むことはしてはいけませんが、「絶対この日だけは…!」という日は、事前に連絡・調整しておけば休むことができます。また急に熱が出てしまったときも、無理して出社しなくても怒られません。

Q6.1日の流れは?

10:00

出社デスクワーク

13:00

ランチランチ終わりの人と
交代で出ていきます!

14:00

会議マイフェバの
編集会議

16:30

デスクワーク広告やWEBサイトの
レポート作成

20:00

退社

Q7.日々進歩するデジタル時代に対応するために心がけていることは?

その道のプロに教えてもらうことです。デジタルに関わる色んな領域の仕事があるので「餅は餅屋」という風に考え、それぞれの領域のスペシャリストと関係性を築き、相談したり、会話することを意識しています。
そうすることで、自分の勉強だけでは知り得なかったことを教えてもらうことができます。

Q8.Jコミを選んだ理由(決め手)は?

理由は大きく2つあります。1つめは、デジタルに関わるいろいろな領域の仕事ができそうだと思ったことです。インタラクティブコミュニケーション部はWEBサイトの制作やインターネット広告の提案、デジタルサイネージコンテンツやアプリの制作等、その他様々な領域の仕事を担当しています。そんな広い領域を横断的に経験できることが、とても魅力的に感じました。2つめは、大学時代の先輩がインタラクティブコミュニケーション部にいらっしゃったことです。10年上の先輩だったので面識はありませんでしたが「この先輩のもとで働いてみたいなぁ」と感じたので、Jコミを選びました。

Q9.休日の過ごし方は?

オタクなので、趣味に没頭しています!最近は同期と一緒にアニメカフェにいって、アニメのキャラクターに囲まれながら、ご飯を食べてきました。他にもライブやイベントに行ったり、好きなことを思いっきりやることで、リフレッシュしています。 

Q10.学生へのメッセージ

広告業界は色んな人との出会いがある仕事だと思います。働くのはやだなぁと思われるかもしれませんが、学生時代には出会えなかった人と一緒に好きな仕事をできる、というのも楽しかったりします。社会人になってからも皆さんが毎日楽しく過ごせるように、就職活動頑張ってください!

PERSON

JR西日本コミュニケーションズで働く人って、
どんな野望を持ってるの?そもそも、どんな人?
皆さんに知って欲しくて、いっぱいインタビューをしたのでぜひ、見てください!